Gene top     Pig top

・知らないうちに近縁系統との交雑で、大切なブランドが失われていませんか?
・肉質や付きが落ちたり、子供が生まれにくくなったりしていませんか?
・優良な親の系統の遺伝的証明によるトレーサビリティにより、ブランドの信頼性を高めませんか?


 ー育種・生産・流通管理を「見える化」しようー

1. 養豚における遺伝子の意義

   遺伝子とは、生物の形や成り立ち、性質、環境対応などを決めるもので、多くの遺伝子があり、DNAの形で親から子へと受け継がれていきます。この数2万5000個といわれています。これらが全部で20種類の染色体に分割されて収納されています。 豚の染色体は、母豚から19種類、種豚(雄)から20種類を子豚が引き継ぎます。 内訳は、1番から18番までのポジションは普通の染色体(常染色体と呼ばれます)ですが、最後の19番目のポジションにおいては雄か雌かで異なります。 最後の19番目は、雄ではXとYという2種類の組み合わせですが、雌ではXとXの組み合わせになっています。 子豚が雄の場合は、19番目がXとYの2種類をもつことになり、Yは雄(p)しか持っておらず、かならず種雄豚からもたらされます。 雌の子豚の場合は、母豚(m)からきた2本のうちどちらかのXmと種雄豚から来たXpをもつことになります(図ー1)。 また、雄か雌かを決定する染色体は、種雄豚から伝わるY染色体でありX染色体ではありません。この遺伝子を運ぶ染色体の組み合わせは受精の瞬間に決まりますので、去勢するかどうかなどの後の身体的な変化とか、環境の変化などとは無関係で一生涯変わりません。飼育環境が同じであれば、その豚の成長とか体質とか肉質などの品質は、親の持つ染色体にある遺伝子に依存することになります。  これらの染色体の中に、飼育特性や産子数、耐病性、とか質的あるいは量的な生産特性をあらわすムレ肉因子とかインシュリン様成長因子-2(IGF-2)、成長ホルモン(GH),成長ホルモンレセプター(GHR)、霜降りなどのQTL遺伝子があるわけです。 もちろん他にも多くのこういった遺伝子があると考えられますが、解明されていない遺伝子のほうがずっと多いのが実情です。 また、掛け合わせの系統によっては、期待する形質の遺伝子があるのに期待される形質が出ないとか形質が不安定とか、“先祖返り”してしまったとかいう、育種上、系統間の“相性”とでもいうようなことも起こります。 しかし、こういったことは、単なる“相性”とかではなく、遺伝子の組み合わせや相互作用などによって、遺伝子の働きのひとつの流れができたり、切れたり、お互いに干渉したり、変異や変調、あるいは移動したりして起こると考えられるわけです。 続きへ=>

2.遺伝子型判定と遺伝子検査・解析





3.家畜の育種・生産および流通段階のトレーサビリティシステムの提案
導入の狙い
1. 多産系/安産系の系統の科学的指標による育成と管理。
2.  個体の遺伝子を記録しておくことにより、受精時における掛け合わせ誤り・有害な近親交配の回避。
3.  肉質及び生産効率低下の防御・早期発見/早期淘汰。

4. 遺伝子型判別により高精度(99% 以上)に生産性・美味しさの系統を系統分析により識別することができますので、「生産者要求品質」が期待される品種の選択が容易になります。

5.遺伝子型証明による遺伝子型タグを用いることにより、ブリーダーが育成した品種と生産者の生産豚が記録に基づきいつでも照合できます。 

6. 産親証明や生産証明によるプレミアムがつけられるー出荷個体の親の遺伝子型IDをつけておくと、低コストで流通段階のトレーサビリティがつけられます。出荷豚一頭あたり100円以下。 精肉1kg当たり数円の低コストです。

7. 十分なプレミアムがつく場合、産親のみならず出荷個体のすべてにトレーサビリティを付けることも可能ー>生産証明への遺伝子タグの利用
■遺伝子型(遺伝型)判定による個体識別を完全実施し、遺伝型を見える化しておくのが一番です。
※一度判定しておくと、その豚の一生涯有効です。 また、豚肉の流通に際してのトレーサビリティについては、冷凍肉などの在庫が遅れて流通しても安心です。 保存してあるブランド農場豚の遺伝型判定記録と照合して、流通をモニターできます。
図-3-1.  ブランド豚のトレーサビリティーのイメージ図


4.遺伝子型判定および遺伝子検査・分析

 検査数量が多数あるいは定期的にご利用される場合等は、お見積もりいたします。お気軽にお問い合わせ下さい。他品種との比較や系統樹解析などの遺伝学的解析による所見など充実した分析レポートや遺伝子検査証明証がオプションでつけられます。※牛も受け付けています。※乳牛や肉牛の類縁判定や親子判定などに活用できます。

遺伝子検査・分析カスタムサービス
1  染色体判別/個体・1染色体当たり…3,500円(外税)〜
   染色体すべてについて判別する等については、お問い合わせ下さい。
2 優良形質のQTL分析(優良形質の判定)…1検体6,000円(外税)〜
3 分析結果解析レポート作成 系統解析、比較、所見など1検体当たり500円〜
4.遺伝子型判定/遺伝子検査結果証明書発行…1検体当たり500円
5.そのほか遺伝子の構造解析(動物、家畜、植物、作物など、生物全般) 

分析用試料/納期

■細胞試料/毛根(引き抜いた毛)・耳片(誕生直後の耳標パンチ時)、血液、精液、細胞試料は冷凍便(毛根は冷蔵便可)、豚肉(冷蔵または冷凍)の遺伝子型分析や個体判もできます。分析依頼状(WEB よりダウンロード)と試料番号と簡単な内容、親子判定の場合は、親と子の候補を指定してください。 
■納期/試料を受領した翌日から実働7〜10日が標準。サービス内容によっては、これより長くいただく場合がございます。お問い合わせ下さい。


遺伝子型トレーサビリティで担保された 健康で美味しい上に栄養機能性のすぐれた高級ブランド豚をお求めできます(特許出願中)

Gene top     Pig top